安い葬式を調べてみよう

>

家族葬にすることを伝えよう

関係がある人に教えておこう

生前付き合いがあった人には、一応亡くなったことを伝えてください。
まずがお葬式のスタイルを決めて、家族葬になったらその旨も忘れずに教えましょう。
もしかしたら、自分も参列したいという人がいるかもしれません。
しかし家族葬だと伝えれば、参列を諦めてくれると思います。
後でなぜ自分をお葬式に呼ばなかったのかと文句を言われないように、事前に報告することを忘れないでください。

故人が生前、どのような人と関わっていたのか把握することも重要です。
近所の人にも、念のために教えておきましょう。
よほど親しく関わっていた人でなければ、親族以外は家族葬に参列できません。
町内の人全てでなくても良いですが、両隣や向かいの家の住民に伝えると良いですね。

家族葬にした理由を説明

相手がどうしても自分も参列したいと言った場合は、家族葬にした理由を述べてください。
家族だけでひっそりとお別れしたい、ゆっくり故人とお別れする時間を確保したいという理由があれば、納得してくれると思います。
また故人の遺志を尊重していると伝えるのもおすすめです。
生前、どのようなお葬式にしたいのか意見を聞いておくことも忘れないでください。

希望通りのお葬式にすることが、故人を弔うことに欠かせません。
適当にお葬式を行うと、故人が成仏できないので困ります。
どんな形式でも構いませんが、しっかり心を込めてください。
家族葬は、お葬式が終わる時間も早いです。
親族がみんな、仕事で忙しいという場合にも向いているでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る