安い葬式を調べてみよう

>

ほとんどが親族になる

家族葬の特徴とは

費用が安い他に、参列者が少ないというのも家族葬の特徴になります。
親族だけなので、多くても10人ぐらいでしょう。
本当に親しい人だけなので、おもてなしをする必要が無くなります。
お葬式の準備の他に、参列者のおもてなしもしなければいけないとなると、かなり負担が大きくなってしまいます。
慣れないお葬式でやるべきことが多いと、準備が戸惑うかもしれません。

少しでも負担を軽減できるように家族葬を選択してください。
親族と言ってもかなり遠い親戚や、離れているところに住んでいて、何年も会っていない人は呼ばなくても良いでしょう。
定期的に交流している親族だけを呼んでください。
また親族でなくても、家族ぐるみで仲良くしていた人は呼んでも構いません。

ゆっくりお別れをしたい

参列者をもてなすことに集中していると、故人とお別れをする時間がなくなってしまいます。
お葬式の時間は限られているので、その間にお別れをきちんと済ませなければいけません。
家族葬は参列者が少ないので、ゆっくりお別れできるという面が好まれています。
自分にとって大切な親や、祖父母が亡くなった場合はゆっくりお別れしたいですよね。

お別れのことまで考えて、どのお葬式にするか決めてください。
たくさんの参列者がいると、やることが増えるので忙しくなります。
お葬式の準備をするのは親族ですが、参列できる親族が少ない場合も家族葬を選択することをおすすめします。
親族が少ないのに、他の参列者が多いとおもてなしだけで精一杯になってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る